貸し切りバスを借りる時はこんなことに注意しましょう

バスだけでは借りられない

貸し切りバスという名前だけを見ると、団体で旅行に行く時に大型のバスだけバス会社から借りるというイメージを持っている人は少なくありません。しかし、バス会社から借りられるのは運転手が付いた貸し切りバスになります。ですから、自分たちで交代で運転する計画を立ててもバスだけ借りることはできません。運転手が付いているからこそ、安心してプロのドライバーに目的地まで運んでもらえるわけですから、団体でどこか遠方に出かける時は運転手付きの貸し切りバスを利用しておいた方が良いでしょう。また一人の運転手が休憩なしで運転できる時間等は法律で決まっているので依頼するときは注意しましょう。さらに、貸し切りバスを利用した時は当日になってやっぱりルートを変更したいと言っても、事前に運行管理されているので基本的には変更できないことを頭に入れておきます。もちろん、急病人等が出てしまった時は、バス会社の運行管理者への相談が必要ですが変更は可能です。

頼りになるバス会社は

団体で旅行に行くために、貸し切りバスをバス会社に手配する場合、出発地や目的地の周辺にあるバス会社へ申込した方が良いでしょう。できれば出発地周辺にあるバス会社の方が周辺環境に詳しいですし、最初の集合地点になるので安心して依頼できます。探し方はいたって簡単で、バス会社は必ずホームページを持っていますので、ここをチェックすれば、今までの実績等を確認できます。そして、出発から目的地まで運行内容がわかれば、見積もり金額も事前に算出してくれるでしょう。何かあった時のために実績は重視しましょう。

貸切バスとは観光バスの一種で、一般的に路線バスや高速バスと違う車体の車輌を使います。借りる時に大きさやご利用の時期などで料金が変わります。

You Might Also Like