「落ち」や走行距離をチェックしよう!知って得する中古車の選び方

車検のタイミングで車を手放す人が多い

中古車は新車よりも安く購入できるのがメリットです。それでも中古車の年式は比較的新しいものから古いものまでさまざまです。あらかじめ、少々値は張るけど状態のいい車がほしいのか、ちゃんと走ればいいから安い車がほしいのか、手に入れたい車を決めるようにしましょう。きれいで比較的新しい中古車がほしいなら、3年落ちの中古車が狙いどころです。なぜ3年落ちがいいのかというと、車検の前に車を手放す人が一定数いるためです。すると在庫数が増え、供給価格が下がるので年式が新しくても安く購入することができます。

車検で手放される車は3年落ちだけではありません。5年落ち、7年落ちと2年のサイクルも同様の理由で価格が安い傾向になります。3年落ちのものよりも安く買いたいけど状態もほどよい車が欲しいなら5年落ち、安く車を買いたいなら7年落ちの中古車がおすすめです。それ以上古い車を購入するなら、保証書の有無やメンテナンスがきちんと行われているかチェックしましょう。

走行距離が多いほど中古車は安くなる

一般的に、中古車は走行距離が長いほど価格が安くなる傾向があります。走行距離が5万キロを超えていると中古車の価格が下落していきます。10万キロ以上走っている車ともなると、その価格は大きく下がります。近年の自動車技術の向上もあり、10万キロ程度であれば自動車の性能には大きな影響はありません。低価格重視の人は、走行距離も参考にしながら中古車選びを行いましょう。適切な走行距離の目安は1年で1万キロ程度になります。7年落ちの車なのに走行距離が3万キロもないという自動車は、長年車庫に放置されていてメンテナンスが不十分の可能性があるので、購入前にチェックしましょう。

ボルボを仙台で展示販売する店舗の中には、新車だけでなくメーカーの認定を受けた中古車まで幅広いラインナップを扱っているところが少なくありません。

You Might Also Like